ドックフードと手作りではどちらがいいのか

ホームセンターなどに行けばたくさんの種類が販売されているドックフードですが、ドックフードが犬の食べ物として一般的になったのはそれほど昔ではありません。

 

ドックフードがそれほど普及していなかったころには、犬の食べ物は人間と同じようなものを食べていたのです。

 

ドックフードと手作りの食べ物ではどちららが犬の食事としていいのかはそれぞれの事情によります。

 

ドックフードにもメリットやデメリットがありますが、手作りにもメリットとデメリットはつきものです。

 

感情的にはドックフードよりも手作りの方が優れているような気がしますが、それほど単純ではありません。

 

それに現在ではドックフードをあらゆる犬種やあらゆる年齢に応じた商品が販売されていますから、あながち手作りが至上と言うわけにも行きません。

 

できるならば、ドックフードと手作りのどちらかということではなく、それぞれのメリットとデメリットを考えて、どちらもいいところだけを取るという方法が合理的です。

 

例えば、高齢になったような場合にはドックフードの高齢犬用に用意された商品を利用したほうが合理的でょうし、時間があるような時には手作りで用意してあげるようにすればいいのです。

 


ドッグフードの正しい選び方とは?

ドッグフードの正しい選び方をご存知の方は、いらっしゃるでしょうか。

 

飼い犬を家で飼っているという方も多いですが、人間との長い共同生活の中で、ペットは雑食傾向になっているといわれています。

 

しかし、ペットだからといって、なんでも食べさせていればよいというわけではありません。

 

たとえば、きちんとした栄養分が含まれているドッグフードを選ばないことには、きちんと健康が保たれないままとなってしまいます。

 

栄養素が最適な割合で含まれているものが総合栄養食として認められており、できればこういった総合栄養食として基準に至ったドッグフードを選ぶべきであるといえるでしょう。

 

また、最近では、犬に多いのが、アレルギーです。アレルギー傾向の多いのは人間だけではなく、実はペットにも最近では、多いのです。

 

アレルギーの傾向があるペットに、そのまま食事を与えてしまうと、さまざまなアレルギー症状を引き起こしてしまう危険性があります。

 

このため、ペットフード選びには、慎重になることが大切です。この場合には、動物病院の獣医に相談をすることで、ペットに最適なドッグフードを探すことができます。

 

なるべくアレルゲンが含まれないドッグフードを選ぶことも大切ですし、たとえば原材料は同じでも、加工によってアレルギーのもとなる素材が含まれるケースがあります。

 

このため、よく調べてから購入することが必要となります。

 

また、日本のドッグフードには、ペットフード安全法と呼ばれる法律があり、ある程度の基準値を満たしているものが販売されています。

 

このため、安全で適切な栄養分が含まれているものが比較的多いのですが、原材料や事業者名などを確認することが必要です。

 

また、最近では、海外のペットフードが話題となっており、インターネット通販などでも手軽に購入することができます。

 

しかし、海外のドッグフード、とくにアメリカの場合には、ペットフードに関する基準などが日本とは違う可能性がありますので、成分などもよく確認してみることが必要です。

 

また、最近では、ドッグフードでも、間食的なもの、サプリメントのようなものもあります。

 

しかし、食事に総合栄養食を与えている場合、カルシウムサプリメントを与えないほうが良いといわれています。

 

特に子犬の場合には、カルシウムサプリメントを与えてしまうことで、栄養バランスが壊れてしまったり、あるいは発育障害などのリスクが生まれますので、気を付けましょう。

ドッグフードはどこまでこだわるのか

 

最近では様々な種類のドッグフードが発売されていますよね。

 

それぞれにそれぞれの特徴があり、なかなか選ぶのも大変です。

 

味の違いや製法の違いなどいろいろ各メーカーが押してきていますが、こだわるポイントは私の場合はそこではありません。

 

もっともこだわるポイントはやはり添加物の有無です。

 

無添加で無香料というのが基本になります。

 

多少の添加物でも体の小さな動物には悪影響を及ぼすこともありますからね。

 

そこだけは最初からこだわり続けています。

 

その他には良質な動物性のたんぱく質が使われている、良質な穀物や野菜が使われている、そんな感じのものがベストですが・・・値段的にかなり上がってしまうので数回に一回しか与えていません。

 

保存料などが入っていないので小さいパックを買いますので余計割高になってしまうんですが、今のところ一番小さいパックがペース的には丁度良いです。

 

他のこだわりはそんなにありません。

 

製法などにはまったくこだわっていません。

 

ドッグフードは飼い主によってこだわりのポイントがかなり違いますよね。

 

ですが、最終的な目的は長生きしてもらいたい、そこに行き着くんだと思います。

 

ですので、無添加無香料、これだけはドッグフードを選ぶ時にこだわってもらいたいです。
関連:犬が食べてもいい野菜

 

飼い犬にはドッグフードが一番ですよ

 

実家の犬の話なのですが、久々に帰った時に物凄く太っていて驚かされました。

 

散歩には行っているのでしょうが、それにしても一般的な犬の大きさと比較しても5割くらいは大きいのです。

 

私は母に何でそんなに太っているのかを聞いたのですが、よく分からないとの返答でした。

 

そこで実家の犬に対する接し方を観察していたのですが、太っていた原因がすぐに分かりました。

 

それはエサです。

 

実家は昔から番犬として犬を飼っているのですが、大抵は十年も経たずに死んでしまっていました。

 

犬の寿命ってそれくらいなのかなと思っていたのですが、周囲に聞くと十五年以上も生きている犬がザラだということが判明。

 

さらにその要因として、一番大きな問題はエサが進化していることなのだそうです。

 

基本的に長命の犬はドッグフードを食べているそうなのですが、我が家の犬は残飯を分け与えられていたのです。

 

あれでは塩分も高いですし、脂肪分もカロリーも高いですよね。

 

私は母にそのことを指摘し、今後はドッグフードを与えるようにと買い与えることにしました。

 

母は何となく不満そうでしたが、これは事実ですからね。

 

考えを改めてもらわなければ、また犬が短命に終わってしまいますよ。

 

本当に困ったものです。