穀物入りのドッグフードは犬に良くないのか

最近はドッグフードの成分に敏感になっている飼い主が増えています。

 

ドッグフードの原料となっているのは主に肉が中心ですが、単に肉と言っても質のいいもの、悪いものがあります。

 

特にドッグフードのパッケージに当然のように書かれているミートミールというのは、とても質の悪い肉の事を指します。

 

死んだ動物の肉を使用したり、病気で死んだ動物の肉、またスーパーで販売できずに廃棄されたような肉などがミートミールとして利用されているのです。

 

そのことを多くの飼い主は知らないまま、市販されているドッグフードは安全だと思い込んでいることもあります。

 

またドッグフードの中に、穀物類が含まれている物も多くあります。

 

穀物類は人間にとって健康にいいので犬にも必要と考えられがちですが、犬と人間は違います。

 

犬の場合は穀物類を食べることで、アレルギーになったり、皮膚トラブルが起こる可能性もあります。

 

最悪内臓にトラブルが起こることもあり、病院に行くことも必要になります。

 

またドッグフードに含まれる穀物類は栄養がほとんどなく、かさ増しとしてしようされていることがほとんどです。

 

栄養素がなく、犬のトラブルのもととなる穀物類は危険であり、不使用のドッグフードを選ぶべきです。

 

ドッグフードとアレルギー

 

ワンちゃんにもアレルギーがあることを知っていましたか?私たち人間にもアレルギーがありますが、ワンちゃんにもアレルギーがあります。

 

ワンちゃんに多いアレルギーの症状として皮膚炎や目の炎症など人間とあまり変わらない症状が見られます。

 

ワンちゃんがしきりに皮膚をなめたりかゆがったりしたら注意が必要かもしれません。

 

アレルギー症状として1番多いのは皮膚の炎症で食べ物と関係が強いようです。

 

ワンちゃんが食べるドッグフードにはラム肉や牛肉、小麦などが入っています。

 

これらが食物アレルゲンとなってワンちゃんに影響を与えているかもしれません。

 

アレルギー症状が出たら、病院へ行って検査をしてもらうのが1番かと思います。

 

検査をすると何がアレルゲンなのか特定することができますので安心かもしれません。

 

アレルギー対策としてはアレルゲンのない食物を使用しているドッグフードを与えることが1番良いです。

 

最近は穀物不使用や無添加などアレルギーになりやすい原材料を使用していないドッグフードが多く販売されていますので、アレルギーが心配でしたらそういったドッグフードを与えるとアレルギーの心配が少なくなると思います。

 

ワンちゃんにもワンちゃんの体質にあったドッグフードを与えてあげることが大切ですね。