硬いドッグフードは歯磨き効果がある

ドッグフードのコーナーというのを見てみると、やたらと硬いものが売られている事があります。

 

こんな硬いのをどうやって食べるんだろう?と思われるかも知れませんね。

 

それに関してはなんの問題もありません。

 

ワンちゃんの歯というのは相当硬いですし、アゴの方も丈夫ですからね。

 

もちろん年齢も重要になってくるのですけど、こういう硬いものも普通に食べることが出来ます。

 

そして忘れてはいけないのが硬いドッグフードの利点なのです。

 

これは歯磨きの効果があるんですね。

 

犬用の歯磨きというのも売られているとの事ですけど、やはりこれに応じてくれるワンちゃんというのはそうそういないでしょう。

 

そこでこの様な硬い食べ物を食べさせて歯磨きの代用にするという訳なのです。

 

硬いものを食べれば自然と歯垢というのもある程度落ちますからね。

 

虫歯予防というだけでなく、歯周病予防にもつながるのです。

 

なのでいつも柔らかいものばかり食べているワンちゃんはこの様な硬いドッグフードを食べてみてもいいでしょう。

 

普段買っている物があると思うのでそれを習慣で普通に買って行くと思うのですけど、他にも1つ程硬めの物を買っておいてください。

 

無理して食べさせる必要はありませんけど、食べてくれたら口の健康にも役立ちますしね。

 

ドッグフードとおやつの関係について考える

 

犬は基本はドッグフードがメインの食事になるはずですが、どうしても元気な犬は人間が食べるものを欲しがる傾向にあります。

 

じーっと犬に見つめられるとあげないわけにはいかないという気持ちになってしまうことでしょう。

 

人間が3時などに食べるようなお菓子やちょっと小腹が空いたときに食べるパンのようなものを、犬が見つけてしまうと欲しがってしばらくは諦めないに違いありません。

 

ですがそのようなものは少しだけにしておかないと、ドッグフードよりもおいしいのでやがてドッグフードのほうを食べなくなってしまうかもしれません。

 

ですからおやつやお菓子をあげる場合には本当に少しだけにすることができるでしょう。

 

そしてそのようなお菓子は調味料や添加物が多いかもしれず、それを食べてしまった犬がお腹をこわしてしまうということも起こり得るということを忘れないようにしたいものです。

 

犬を喜ばせてあげたいという気持ちは自然なものですが、ドッグフードをしっかりと与えていればそれで十分であるということも忘れないようにしたいものです。

 

バランスよく、そして時々は犬用の缶詰などをあげるととても喜ぶので、そのようなフードを与えるようにしていくことができるかもしれません。