犬のために良いドッグフードとは

ドッグフードの選び方で多くの人が行っている方法は、犬種や犬の大きさに合わせて選ぶ方法ではないでしょうか。

 

あるいは価格で選ぶと言ったところでしょう。

 

しかし、市販で販売されているペットフードの多くが、犬にとって好ましくない原材料が入っていることが多いということは、あまり知られていない事実のようです。

 

もちろん、害があるという訳ではないのですが、人間が健康を考えるのと同様に、犬の健康を考える場合はドッグフードも吟味したほうが良いようです。

 

そして吟味するポイントとなるのが、原材料と言うことです。

 

例えば、最近注目されているのが穀物を使わないグレインフリーのドッグフードです。

 

多くのドッグフードでとうもろこし、小麦と言った穀物が使用されていますが、犬は肉食であるため穀物の消化は苦手なのです。

 

犬の体にやさいいドッグフードを選ぶのであれば、穀物が入っていないものがおすすめなのです。

 

また、保存料や着色料が含まれていない無添加のドッグフードも、犬のために選んであげたいタイプです。

 

どうしてもカビなどが生えやすいため、保存料などが入っているケースが多いのですが、犬の健康を考えると避けたいものです。

 

以上の2点が、原材料から見た犬のために良いドッグフードの条件です。

 

ドッグフードの味は薄味が多いです

 

元々ワンちゃん用の食事として開発されたドッグフードな訳ですけど、もう普通に人が食べられるくらいですからね。

 

味つけというのも本当によく考えられているなと思います。

 

もちろんこんな事を言うくらいですから、自分自身で何度となく食べてみたことがあります。

 

人が食べてもいいのかという疑問が生じるかと思うのですけど、全く問題は無いという風に思っています。

 

もちろんその様には記載されていないので、食べることを勧める訳ではありません。

 

もし食べるのだとしたら、あくまで自己責任という形でお願いします。

 

味に関してなんですけど全体的に薄味だなぁという風に感じます。

 

これはワンちゃんの身体の大きさというのが関係しているのでしょう。

 

人間と同程度の塩分だったりすると、どうしても取り過ぎという事になるのだと思います。

 

犬も人間も同じような病気で苦しむような時代ですから、この様に対処してあるという事なのでしょう。

 

随分よく考えられている物ですね。

 

栄養素的にもドッグフードが優れているとなると、人間の食事の方が不完璧だと言えるかも知れません。

 

いっその事こちらの食事をワンちゃんと一緒に取った方が健康に良いのかも知れませんね。

 

もちろん冗談で言ってるんですけどね。