ウエットタイプのドッグフードのメリット・デメリット

水分を75%程度含んでいるウエットタイプのドッグフード。

 

そんな、ウエットタイプのドッグフードのメリットと言えば、やはり、その味にあるかと思います。

 

肉や魚本来の味をそのまま生かし作られたドッグフードになっている為、味にうるさい愛犬でも、満足のいく味わいになている事が多いかと思います。

 

また、ウエットタイプと言う事で、食べやすいようになっており、食欲不振の場合や老犬などで硬いドッグフードを食べる事が出来ない場合にも、お勧めのドッグフードになっているかと思います。

 

その上で、多くの水分を含んでいる為、食事を摂りながら、水分補給も行う事ができるドッグフードになっていると言えます。

 

その他、衛生面においても、安心なドッグフードになっており、ウエットタイプのドッグフードの場合、一つ一つ梱包され、食べ切りタイプになっている為、細菌などに触れる心配も少なく安心です。

 

しかし、その分、費用としては、高価なドッグフードになっていると言え、費用を気にしながら購入する事が大切です。

 

その他、ウエットタイプのドッグフードの中には、保存料や添加物が多く含まれているものが多い事にも注意が必要です。

 

その為、購入する際は、必ず、添加物などについてチェックが必要です。

 

ドッグフードの味付けを調べてみる

 

ドッグフードにはどのような味付けがあるのでしょうか。

 

多くのメーカーはいろいろな商品を出していますが、1つの商品に対して幾つもの味付けの違うものを出しています。

 

例えばそのベースになる味がチキンとなっているものもあればビーフになっているもの、また魚の白身とかサーモンといった具合です。

 

愛犬はチキンには飽きてきてあまり食べなくなっても、同じ商品で味付けの違うサーモンであれば食べるかもしれません。

 

またフードの大きさにも違いがあり、大きめの粒になっているものや中くらいのサイズのもの、そしてスモールサイズで小型犬用のものがありますので、犬のサイズに応じて食べやすいものを選ぶことができるでしょう。

 

以前は喜んで食べていたのにあるとき急に今までの餌を食べなくなってしまうということが起きることがあります。

 

そんなときにはとりあえず人間が食べるようなパンとかご飯でもいいのですが、ドッグフードを変えることでまたおいしく食べるようになってくれるのでそれほど不安に思う必要はありません。

 

犬の気持ちはわかりにくいことがありますが、ドッグフードの変化によって気分が変わることがあるので、今普通に食べてくれているので安心というのではなく、時々変えてみるというのもいい方法です。