与えてはいけないドッグフード

ワンちゃんを飼っている人はドッグフード選びで悩んだことが一度はあると思います。

 

ドライタイプにするかウェットタイプにするか、はたまたセミモイストタイプにするかソフトドライタイプにするかなど悩みが尽きることはありません。

 

しかしドッグフードを選ぶ際はこういったタイプを決める前に見るべき重要な所があります。

 

それはパッケージの側面や裏面に総合栄養食と書かれているか否かです。

 

総合栄養食と書かれているドッグフードはペットフード公正取引協議会の基準をクリアした物だけが名乗ることができます。

 

基準はそのドッグフードと水だけでワンちゃんにとって必要な栄養が摂れるかどうかというものです。

 

そのため基準をクリアしたドッグフードは栄養のバランスの取れたものだと言えます。

 

総合栄養食を名乗っていないドッグフードは一般食と言います。

 

基準をクリアしていないため総合栄養食と比べ含まれる栄養は少なくなります。

 

嗜好性を高めてワンちゃんの食い付きを良くするように加工されたものが多く、与えると実際によく食べるかもしれません。

 

しかしたくさん食べた所で栄養が少ないため何の意味もありません。

 

結果を言うとワンちゃんには一般食をあげてはいけません。

 

総合栄養食と書かれた物を必ず選ぶようにしましょう。

 

ドッグフードを手作りする際に入れてはいけない食材とは?

 

大切な家族の一員でもある愛犬の為、市販のドッグフードではなく、手作りのドッグフードを食べさせてあげたいと思う飼い主も増えてきているようです。

 

ここで、注意が必要なのが、犬には、与えてはいけない食材があると言う事です。

 

人間が美味しく食べているものすべてが、犬でも食べる事ができる食材と言うわけではありません。

 

その為、必ず、犬が食べる事ができない食材をチェックしておく事が大切です。

 

例えば、人間が大好きなチョコレート。

 

甘いものを食べさせてあげたいと思って、愛犬に与えてはいけません。

 

チョコレートの成分であるテオブロミンが神経を刺激し、すごい興奮状態になってしまいます。

 

その他、玉ねぎや長ネギと言ったネギ類も犬には、与えてはいけない食材の一つです。

 

ネギ類を食べさせることで、貧血になる恐れがあります。

 

また、ジャガイモを食べさせる場合は、しっかりと芽の処理を行う事も忘れてはいけません。

 

ジャガイモの芽は、人間が食べる際も取り除くようになっていますが、犬でも同様で、しっかりと取り除かないと中毒を起こす危険性が高くなってきます。

 

このように、手作りでドッグフードを作る際は、最低限、食べさせてはいけないものを確認し、作る事が必要になってきます。